心と心の橋渡しとなる和菓子を

和菓子で心と心の“橋渡し”を

当店は昭和6年に創業し、私で3代目を迎えます。何十年といった歳月が経った今でも、初代からの理念である「誠心」を大切に受け継ぎ、お客様の笑顔と幸福、一服のやすらぎや人と人との繋がりを想いながら、日々こつこつ、ひたすら丁寧に和菓子作りに励んでいます。

群馬県が誇る歌人・土屋文明。その名前を冠した最中『土屋文明最中』は、文明先生本人にも認められた味です。是非、群馬の思い出にお買い求めください。高崎にて皆様のお越しをお待ちしております。

御菓子司 海老屋3代目 海老澤 学

ひとつひとつ丁寧に。想いが人を繋げます

素材には特に気を配り、小豆や米も当然ながら国産のものを選ぶことで、
お菓子ひとつひとつに「安心・安全」を込めています。
極力機械にも頼ることのない丁寧さから、お菓子は手土産などにも好評。
中には、県を越えて足を運ばれる方もいらっしゃるほどです。
是非当店の、飾らない、素直な和菓子をご賞味ください。

群馬の文化人の面影を、
和菓子とともに偲ぶ

土屋文明最中

土屋文明最中

群馬県出身の歌人・土屋文明氏の名を冠した作品は、歌人本人にも認められた当店の看板商品です。
米を使用したサクサクとした最中種に詰められる餡は、「栗」と「胡麻・胡桃」の2種類があり、それぞれ違った風味を楽しむことができます。
歌人の想いを、是非和菓子を通して味わってみてください。

暮鳥の里

暮鳥の里

群馬県出身の詩人・児童文学者である山村暮鳥。キリスト教の伝道師としても活躍した彼は、自然への信仰が篤く、特に地元群馬の自然の中にも様々な神を見出しました。
県のほぼ中央、榛名山の東麓にある榛東村では酪農も盛んで、その暮鳥の名を冠した『暮鳥の里』には、村由来の素材を使用した「クリームチーズ」を使用しています。
高品質な和三盆糖と卵黄なども贅沢に練り込み、風味豊かな味わいに仕上がった洋風焼き菓子。「地元に根ざした特産品を生み出したい」という店主の想いが詰まっている一品です。

店舗案内

御菓子司 海老屋
  • 〒370-3521 群馬県高崎市棟高町442
  • 営業時間 9:30~18:30
  • 定休日 水曜日
EPARK

三国街道沿い、JR北高崎駅より車で約18分。

御菓子司 海老屋

手土産からご贈答品まで、お気軽にお尋ねください。

027-373-0058027-373-0058